勃起不全にお悩みの皆さん、あなたはいつ、どうして勃起不全になりましたか?勃起不全にはしっかりとした理由がある場合と、それとした理由はなく、年齢のせいで勃起しなくなる場合があります。

勃起不全に効くバイアグラの副作用にある消化不良

世界的に有名な勃起不全の薬と言えばバイアグラですが、1998年にアメリカで発売された薬です。バイアグラの外見的な特徴としては菱形の形をしており、日本では医師の処方による服用が一般的ですが保険適用外の薬であるため、自費診療となります。

1998年以降、勃起不全に悩む男性にとっても夢の薬ともなり、個人輸入で取得できたこともあり、瞬く間に広がった薬の一つです。個人輸入だと簡単に入手することも出来ますが、その分、用法や用量を守らない人も続出して、そのため副作用の事例もあったほどです。

ただ国内に出回っているバイアグラの量については25mgと50mgのみとなっており、世界的には100mgの錠剤も出回っています。バイアグラの成分の特徴としては、勃起不全の原因である酵素の働きを弱める成分を含んでおり、その酵素の働きを弱めることで勃起を促します。

性的興奮によってペニスの血流の上昇を起こし勃起した状態を長時間にわたり維持させることが可能です。ただバイアグラは勃起不全に有効な薬であることは確かですが、副作用も比較的に見られます。

よく起こる副作用については、めまいや頭痛、ほてり、視覚不良、消化不良などです。大体、割合的にも2%以上の確率で起こっている症状となります。

特に消化不良としては、消化管障害、嘔吐、胃炎、下痢、便秘、腹痛に発展することもあるため注意が必要です。バイアグラの効果については食事の影響もあるため、食事後に服用するのが基本となり消化不良とならないためにも食後1時間程度の時間をおくと良いです。

なお勃起不全には精神的な緊張状態によって起こるケースも見られ、その場合には精神安定剤などを併用して服用することで対処するケースもあります。少々のアルコールでの服用もリラックス効果もあるため、ほんの少量ならそれで服用することも可能です。